五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

ホーム ブログ

五島ではたらく若者応援 fullyGOTO2023冬号 表紙の顔

0

fullyGOTO2023冬号 表紙の顔 出口 倫子(いでぐち みちこ)さん

 今回冬号の表紙を飾ってくれたのは、出口倫子(いでぐちみちこ)さん。27歳のプロ競輪選手で、今年デビュー5年目を迎えています。プロスポーツの世界に進むこととなったきっかけや、今も五島に住みながらプロ生活を続けることの意味など、選手ならではのエピソードを交えながらお話を伺いました。

離島初の女子競輪選手

 「バンク」と呼ばれる競争路上を自転車で走り、速さを競う競輪。その世界で離島出身初の女子のプロ選手として活躍しているのが、五島市木場町出身の出口倫子さんです。自転車競技に興味を持ったのは4歳の頃。福江島を会場としたアイアンマンJAPANというトアイアスロンの国際大会がきっかけでした。「自宅にホームステイしていた海外の選手達を見て、自分もやってみたいと思いました。きつそうというよりも、楽しそう!としか思えませんでした。」幼少期から自転車に触れた出口さんは、小学校3年生の時に福岡県で開催された大会に初出場し、第2位の成績を収めます。その後も競技を続け、高校時代には自転車競技の全国大会で7位となる活躍を見せます。「地元の高校には自転車競技部がなかったので、島外の高校に同行して合宿をしたり、全国大会に出たりしました。」高校卒業後は、大学進学や他の道を考えたこともありましたが、「今まで頑張ってきた自転車競技を活かせる」、とプロの道へ進むことを決めたそうです。

競輪学校を卒業し、デビュー

 出口さんは2度目の受験で、狭き門である競輪学校へ合格します。そこで待ち受けていたのは、11ヶ月間の厳しい練習と、ほとんど自由のない、同期生達との共同生活でした。「同じメンバーと同じ部屋で過ごしていたので自由がなく、人間関係で苦労しました。外部との連絡も決まった日に公衆電話でしかすることができないので、家族との電話の際に泣いてしまい、もう帰りたいと漏らしたこともあります。」と、かなり厳しい環境だったといいます。そんな生活を乗り越えた出口さんは、2019年、青森競輪場でデビューを果たしました。

幾度の怪我を乗り越え初勝利

 デビュー後の選手生活は順風満帆とはいかず、レース中の落車による骨折や入院により思うように走れなかった時期も多かったという出口さん。「これまで7回落車して、骨折は10箇所、手術は4回しました。怪我が多かったのですが、デビュー初勝利は大腿骨骨折後の復帰戦だったんです。その時は練習メニューも自分で考えていたので、本当に嬉しかったし、よく覚えています。」

五島でプロ生活を続ける

 北は函館から南は佐世保まで、競輪のレース場は全国各地に43場あるといいます。もちろんレースの度に五島から移動することになるのですが、出口さんは今も五島在住。「自分には五島が合っていると思います。空気がきれいで、レースから帰ってくると特にそう感じます。不便も感じません。レースで全国に行くので色々な観光地にも行けますし、それでバランスが取れている部分もありますね。プライベートでは、大好きなウイスキーや美味しい食事を楽しみにして、オンとオフをしっかり切り替えています。」は、「仕事として走っているので、プレッシャーや責任、色々なものが圧し掛かってきます。常に楽しいとは言えないかもしれません。」好きという気持ちから始めたことを仕事にした出口さん。その言葉からは、勝負の世界の厳しさが垣間見えました。それでもスポーツをする子ども達には、「離島というハンデがあっても、諦めずに行動を起こせばマイナースポーツもできるし、夢を追うこともできる。強い気持ちで行動を起こして欲しい。」と力強いエールをいただきました。競輪に出口なし。内に秘める不屈の闘志で、今も己の限界に挑戦する、五島の強カワアスリート。これからも自分の道へ向かいまっすぐにペダルを漕ぎ、走り続ける出口さんを応援しています!

 

【取材・執筆・掲載】fully編集部
【掲載先】fullyGOT2023冬号

第37回 五島で輝いている人

0

五島つばき蒸溜所

小元 俊祐(おもと しゅんすけ)さん

お酒の製造販売企業にて、30 年以上勤務。ウイスキー、スピリッツなどの広告宣伝やマーケティング業務に従事。氷結担当時代のチームで一緒だった 3 人で、50 代新たなチャレンジ、五島で GIN づくりを始める。

 福江島の北東、大きな道を外れ細い山道をくだると現れる半泊集落。碧い海と丸石の海岸をぐるりと山が包み込み、美しい風景が広がるこの土地に昨年12月誕生したのが『五島つばき蒸溜所』です。立ち上げたのはお酒にずっと関わってきた、元同僚の3人衆。小元さんはマーケティングディレクターを努めます。

ストーリーのある唯一無二の土地

 「コロナ禍に、どこで・どんなお酒を、というコンセプトワークを行っていて、2021年月、半泊を初めて訪れました。風景や自然の美しさはもちろんですが、教会堂や潜伏キリシタンの歴史など、他にはない、人と自然が作り出したさまざまなストーリーを感じました。」お酒づくりには『ものがたり』が大事と語る小元さん、こうしていくつかの候補地の中から半泊を選びました。

クラフトジンは、土地を表現するお酒

「ジンはボタニカル(香味植物)を使ってつくるお酒で、柑橘類やお茶、スパイスなど、さまざまな素材を蒸留し、ブレンドしています。クラフトジンで、風景や歴史はもちろん、僕たちがここ半泊で感じた『慈愛』を届けたいと思っていて。実際に五島の椿のタネや柑橘などを使っています。普通は数種類のボタニカルをまとめて蒸留したりするのですが、ここでは17種類をひとつひとつ蒸留しています。こうすることで、それぞれのボタニカルの一番良いところを引き出すことができるんです。」これはブレンダーの鬼頭さんの提案。とても大変な作業ですが、GOTOGINの美味しさはこのこだわりと手間があってこそ。「蒸留するたびにできあがる原酒は微妙に変化するので、毎回その時の最高なブレンドを追求しています。なのでバッチごとに香りや味が実は違うんです。」

山本二三氏とのコラボシリーズ

 「お酒造りをするという段階で、限定品を作りたいなというのは決めていて。やるならば五島にゆかりのある人とコラボしたいと思っている中で、山本二三さんに依頼をさせてもらいました。快諾、そして6種類の絵を提案いただき、先月11月に作品全ての限定ラベルボトルが出揃いました。限定ラベルのGOTOGINは、ラベルの風景をイメージしたブレンドをしているんです。いずれは上五島のボタニカルを使った上五島のGOTOGINも作りたいなと構想を練ったりしています。」

五島列島から世界へ 

次の目標は、世界で五島のGINが評価されること。「当初は日本のクラフトジン市場が小さいということもあり、海外輸出に力を入れないと、と思っていました。でも嬉しい誤算で、国内、それこそ島内でたくさん飲んでいただくことができていて、今は製造が追いついていない状態。でも原酒の貯蔵用タンクを増やす等、ひと月に作れる量を増やすための改善をしているので、早いうちに海外にも出していきたいです。」ジンの本場はやはりロンドン。至極のお酒が揃うこの場所で、「美味しい」と言ってもらえるジン作りを目指しています。「海外の人が、GOTOGINを飲んで気に入ってくれて、半泊の蒸溜所まで足を運んでもらえる日が来たら、最高に嬉しいですよ。」いろんな国の人々が、GOTOGINで日本の西の果て、五島の半泊を想う、そんな日は近いと感じました。

 

株式会社五島つばき蒸溜所
住所:〒853-0054
長崎県五島市戸岐町 1223-5
営業時間:月~土 10:00~15:00(ボトルショップあり)

公式サイトはこちら

インスタグラムはこちら

 

【取材・執筆・掲載】fully編集部
【掲載先】fullyGOT2023冬号

五島でがんばる団体応援 福江少年少女合唱団

0

福江少年少女合唱団」ってどんな団体?

福江少年少女合唱団は、結成 47 年目の歴史ある団体です。(1976 年結成 )
歌うことが大好きな五島市内の年中児から高校 3 年生まで、現在 29 名が在籍し、「ハーモニーの輪で人の和を」をモットーに、幅広い年齢層で楽しく活動しています。五島の海をイメージしたブルーの制服が目印です。

主な活動内容は?

◆練習風景

毎週土曜日に福江文化会館音楽室等で練習しています。高学年のお姉さんたちが、低学年のサポートをしてくれます。男の子の団員もいますよ。

◆地域のイベントに参加

福江文化祭、三井楽文化祭、JA ごとう農業まつり、奥浦混声合唱団クリスマスコンサート、五島の唄フェスティバル、fullyGOTO 公式イベントなど、地域のイベントに出演させて頂いています。

◆年に一度の集大成「定期演奏会」

毎年、夏に、福江文化会館大ホールで定期演奏会を行っています。令和 5 年度は久しぶりにたくさんのお客様に子どもたちの歌声を聴いていただき、歌えることの嬉しさ、楽しさを改めて感じることができました。

新入団員募集中!見学・体験(無料)随時受付中!

「歌やダンスが好き」、「もっと歌がうまくなりたい!」、「お友達がたくさん欲しい!」きっかけはいろいろ。一緒に歌ってくれる年中さんから、高校生のお友達を募集しています。興味がある方は、ぜひ一度見学に来て下さいね。見学・体験は無料です。毎週土曜日、文化会館音楽室でお待ちしています。

練習場所:福江文化会館音楽室
対象:年中~高校3年生の男女
活動日時:毎週土曜日 14:00~17:00
活動費:3,000円/月
連絡先:090-5482-4373(才津)/090-7924-2582(寺村)

見学・体験は無料

【掲載先】fullyGOTO2023冬号

蒼い森の工房

0

 

メニュー

◆日本ミツバチ蜂蜜(直売店)
年1回秋だけ収穫の新蜜販売してます。
不定時営業につき、ご来店前に御連絡下さい。

◆木工教室(自由コース)
▶一輪挿し・箱物・カッティングボード・テーブル・イス等々
▶ウッドターニング(刳物作り)

◆オーダー承ります
木工小物から家具等など、
先ずはご相談下さい。

◆木工雑貨販売

店舗情報

TEL 090-8289-2915
住所 五島市富江町黒瀬1132-3
支払方法 現金
営業時間 9:00~17:00
休み 不定休
HP https://aoimorikobo.buyshop.jp/
駐車場 あり

 

ばらもん亭×シンベエ

0

店舗情報

TEL 0959-76-3337
住所 五島市籠淵町2093-2
支払方法 現金・カード・paypay・他
営業時間 11:00~13:30
休み 不定休
駐車場 あり

 

風と龍の手Jikiden Reiki

0

日本発祥、本物の「手当て」直傳靈氣

「身体が自分で治りたい。自己治癒力、免疫力」が蘇ってくるのをサポートさせていただくのが、靈氣療法です。カナダで17年の実績を持つ靈氣大師範が、五島に移住。

メニュー

◆ 個人靈氣手当て〜病気、怪我、
術前術後ケア、心の悩み
◆ アニマル靈氣
◆ 直傳靈氣セミナー
◆ カードリーディング
◆ 自死遺族カウンセリング

※各セッション料金の目安はインスタをご覧いただくか
直接お電話ください。

店舗情報

TEL 090-3327-5258
住所 五島市富江町山下、又は福江サヤンテラス
支払方法 現金
駐車場 あり

 

川中裕次郎社会保険労務士事務所

0

安心できる会社をつくるために
社労士をご活用ください!

初回ご相談無料です。
メール、お電話お気軽に
どうぞ!

メニュー

◆ 労働・社会保険手続代行
◆ 就業規則作成・改訂
◆ 労働相談・年金相談
◆ 給与計算業務代行

店舗情報

TEL 090-1972-5815
住所 五島市大円寺町2-21
支払方法 現金
営業時間 9:00~17:00
休み 不定休
駐車場 あり(1台)

 

弁当屋いでぐち

0

五島の食材を使った手作り弁当やお惣菜です。特に五島の新鮮な魚を使った料理が自慢の弁当屋です。
お弁当は、もちろんのことオードブル、お惣菜、法事弁当、御祝い弁当、お刺身、握り寿司等々、出来る限りお客様のご希望に応じた食を提供したいと考えていますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

店舗情報

TEL 080-8368-0551
住所 五島市岐宿町岐宿2293-2
支払方法 現金
営業時間 10:00~16:00
休み 水曜
駐車場 あり(8台)

 

Matsuri(マツリ)

0

バーガー系9種、サイドメニュー、シェイク8種、カフェドリンク色々。新メニュー開発どんどんやっていきます。TEL注文もOKです。
前日までの予約になりますが、居酒屋もやってますので、ぜひ御来店下さいませ。
インスタ:burgerandcafe.matsuri

 

メニュー

◆人気ランキング①ちきなんバーガー 500円
◆人気ランキング②ビーフ100%Wチーズバーガー 950円
◆人気ランキング③モミモミシェイク 600円

店舗情報

TEL 090-7467-9016
住所 五島市坂の上1-8-6(うつみすぐそば)
支払方法 現金・カード・paypay・他
営業時間 10:00~19:00
居酒屋の部18:00~22:00(予約制)
休み 月曜
駐車場 あり(うつみ共用)