五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

ホーム イベント

イベント

図書館まつり(スペシャルおはなし会) 市立図書館3F

10/26(土)、市立図書館で開催した「図書館まつり」は、子どもを中心に多くの人で賑わいました。ボランティアグループ おはなしもこもこによる「スペシャルおはなし会」には、子どもからお年寄りまで約50人が参加。紙芝居や大型絵本、パネルシアター、影絵クイズ等の工夫をこらした出し物と、語り手の優しい語り口に興味津々の様子でした。最後は、スペシャルゲストのつばきねこが登場!みんなの笑顔が弾けました。(取材:ライターグループfumoto)    

しまのゆめ飛行コンサート 岐宿中体育館

10月20日(日)、岐宿中学校体育館で「しまの夢飛行コンサートin五島・岐宿」が開催されました。開演30分前から続々と観客が来場し、会場(200席)はすぐに満席に。 東京藝術大学准教授でホルン奏者の日高さん、ピアニストの佐々木さんと共演したのは、長崎県新人演奏会出演者である岐宿中学校 久保先生(ソプラノ)と五島南高校 井手永先生(コントラバス)。演奏は素晴らしく、観客は聴き惚れていました。 また、楽しいMCとともに楽器紹介があり、ホルンの管の長さをホースを用いて表し実際に吹いてみるなど会場を沸かす場面もありました。 来場者の女性は「普段聴けない素晴らしい生のクラシック音楽に、1時間半が短く感じられた」とおっしゃっていました。 取材/ライターグループfumoto

椛島神社例祭 本窯

更新日:2019年11月27日 令和元年10月19日(土曜日)、椛島の本窯地区にて椛島神社例祭が行われました。 200年以上続いていると言われるこの祭りは、他では見慣れない衣装も昔から変わらない伝統。錨マークに桜の花が添えられ、両腕には鈴がついていて、動くたびにシャンシャンと心地よい音色が響きます。 お神輿の担ぎ手は8人体制で、交代しながら御旅所までの道のりを担ぎます。その途中では、「わっしょい!」の掛け声と共に100メートル程の直線を神輿を担いだまま駆け抜け往復。沿道の人々も一緒に掛け声をかけ応援し、盛り上がりとともにそこに集った人々の一体感を感じます。 その後、海の神に大漁を祈願する「宝来丸の曳船」が行われました。船頭の合図と唄を合図に、島民、観客総出で船をひきます。御旅所につくと、婦人会の皆さんや六尺による出し物があり、手話ダンスやフラダンス、子供達のソーラン節などが披露されました。飛び入りで踊りに参加する人々もいて、祭りは大盛り上がり。最後には盆踊りを踊り、20時半ごろに初日の行程を終えました。 今回は、チラシやポスターによる広報を行いました。担ぎ手体験として福江島を始め、遠くは大阪からの参加者もいました。「たまたま五島に旅行しようとしていて、市のWebサイトを見ていたらこの祭りを知りました。なかなか出来ない体験が出来てよかったです。」と、一味違う旅を満喫された様子でした。 地元の方々の、「地域のつながりを残していくためにも、お祭りは大切。この祭りをこれからも続けたいし、続ける必要がある。」と話した表情がとても印象的でした。 お神輿の担ぎ手は男性限定ですが、見物や曳舟ひきは誰でも参加可能。ぜひ来年は、椛島で古くから伝わる伝統行事を体感してみませんか? (取材:ライターグループfumoto)    

魚津ヶ崎コスモスまつり

更新日:2019年10月4日 令和元年9月29日(日曜日)、岐宿町の魚津ヶ崎公園で「第8回魚津ヶ崎コスモスまつり」を開催しました。 過去3年、台風の影響や塩害などでコスモスが枯れてしまい、祭りは中止。しかし、花はなくても祭りだけでもやって欲しいとの声を受け、4年ぶりの開催となりました。 住民の皆さんも楽しみにしていたのですが、当日はあいにくの雨。降り止む気配がなかったため、時間を短縮して開催。しかし、この日のために練習をしてきた「キッズシアター岐宿」の子どもたちが、見事なダンスパフォーマンスで会場を明るくしてくれました。 抽選会では、バラモン凧の当選者名が呼ばれる度に歓声があがり、当選者はステージに駆け寄り嬉しそうに賞品を受け取っていました。バラモン凧が当選した女性は「以前から欲しかったので、雨でも来てみて良かったです」と感激した様子でした。 取材:ライターグループfumoto コスモスまつりステージイベントの様子

中央市民体育館 スポレクフェスタ

9月29日(日)、スポレクフェスタごとうを開催しました。子供から年配の方まで多くのスポーツ愛好家が集まり、多種多様なスポーツで盛り上がりました。会場のひとつである市民体育館では、車椅子の方でも楽しめるふうせんバレーや、雲仙アヅマクロスのほか、スポーツチャンバラやフリスビーなどニュースポーツの体験コーナーも。子どもたちは、説明を聞きながら、初めての競技に楽しそうに取り組んでいました。 ノルディックウォーキング体験に参加した女性は「ノルディックウォーキングを初めて知った。膝が悪く長時間歩くのが苦手だけど、これなら膝に負担をかけずに続けられそう。今日はあいにくの雨だが、今度は晴れた日に外で楽しみたい」と、汗を拭きながら笑顔で話しました。 (取材:ライターグループfumoto)

1日救急隊長

昨日(9月9日)、一日救急隊長イベントを行いました。今年の救急隊長は、五島高校衛生看護科3年生の赤瀬 陽音(あかせはるね)さん。消防本部で赤瀬さんへ委嘱状を交付した後、施設の説明や救急出場訓練をしました。その後、五島シティモールで、市民の皆さまへの応急手当指導のほか、消防車・高規格消防車の展示、五島保健所保健師や看護協会看護師による、血圧測定、健康相談を実施。参加者は、人工呼吸やAEDの使い方を実践しながら学ぶことができ、メモを取りながら真剣に取り組む方も。広報誌で知り参加したという女性は「実際にやってみたら難しくなかった。家族にもしもがあった時、落ち着いてできるようにしっかり知識をつけたいと思う。」と話していました。(取材:ライターグループfumoto)

三井楽夏まつり

更新日:2019年8月13日 令和元年8月12日(月曜日)、正山みなと公園で、第31回三井楽夏まつりが行われ、多くの人が三井楽を訪れました。 出店会場には長蛇の列ができ、イベント会場では保育園児や小中学生による和太鼓演奏やエイサー、豪華景品や地元物産品の当たるビンゴ大会、地元出身の歌手Daikinmanのライブが行われ、大いに盛り上がりを見せました。 また花火大会では、五島市最大の二尺玉花火がクライマックスを飾り、視界いっぱいに降り注ぐ黄金の火花にみんな大歓声。帰省してまつりを見に来ていた大学生は「感動しました。また来年も来ます」と興奮した様子でした。

富江まつり

更新日:2019年8月13日 令和元年8月11日(日曜日)、富江小学校グラウンドや富江港などで、第45回富江まつりが開催され、町内外含め大勢の方で賑わいました。ステージでは、オネオンデや太鼓、ラムネ早飲み大会、五島つばき歌謡ショーなど、地元住民や帰省中の人も楽しめる催しが行われました。 昨年富江町に移住した30代女性は、「近所で賑やかなお祭りがあって嬉しい。地域の人とも交流できてよかった」と喜んでいました。 祭りのラストを飾ったのは打ち上げ花火。大輪の花が富江の夜空を美しく彩りました。        

海開き 浜田

今日は、浜田海水浴場(岐宿)をご紹介します。遠浅で波も静かなこの海は、小さなお子さん連れに人気。福江から来られていたご家族によると「毎年来ています。駐車場が近く、シャワーも無料ですし、手軽にバーベキューができるのも魅力ですね」とのこと。魚津ヶ崎から遊歩道を歩いてきたというカップルは「最高の眺めの後にかわいいビーチが出現しビックリしました。デートコースにお勧めです!」とウキウキ。海の日には、77名の方が訪れ、夏の始まりを満喫していました。https://bit.ly/2LK4PxB <浜田海水浴場> ■海開き期間 8月18日(日)まで。9時〜17時 ■休憩所(浅敷) なし ■シャワー 無料 ■トイレ あり ■お問い合わせ 岐宿支所地域振興班:0959-82-1117 (取材:ライターグループfumoto)

海開き 高浜

7月13日(土)14日(日)、五島市の海水浴場(頓泊、六方、高浜、浜田、多郎島)が海開きしました。高浜海水浴場では、海開きに伴い祈願祭が執り行われました。時折声も聞き取れないほどの雨音の中、桟敷で行われた神事では、7つの儀式が滞りなく進められました。神事が終わると水難事故発生時の救命救急講習会が行われ、消防署員がAEDの使用法など詳しく解説。参加者は、万一の時の人命救助の方法を真剣に聞いていました。高浜海水浴場の海の家は、シャワーやロッカー、駐車場も完備。食事もできます。 ■休憩施設使用時間/9時から17時 ■使用料…桟敷/大人500円、子供(小中学生)300円、シャワー/3分間:200円、ロッカー/1人100円 (取材:ライターグループfumoto)

よく読まれている記事

五島ではたらく若者応援 fullyGOTO2020秋号 表紙の顔

fullyGOTO 2020年 秋号  表紙の顔 松永 亜矢加さん 今回、秋号の表紙を飾ってくれたのは、松永 亜矢加(あやか)さん 27歳。五島海陽高校を卒業後、佐世保に本社を持ち医薬品、医療用衛生材料、介護用品、福祉用具を販売する企業、東七(株)の五島営業所に就職し、今秊10年目を迎えます。週に3~4回はバドミントンをしているというスポーツウーマンで、ベリーショートがよく似合い笑顔が素敵な女性です。仕事もプライベートも全力投球な彼女にお話を伺いました。 天職とも思える仕事との出会い 五島海陽高校で、ビジネス活動に必要な幅広い知識を学ぶビジネス系列を専攻していた亜矢加さん。卒業後は、学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えていた時、今の職場の求人に出会います。「毎年求人があったわけではないので、この会社に入社できたことは本当に運が良かったと思っています。島外企業も視野に入れていましたが、母が背中を押してくれたのも大きく、地元就職を決めました。仕事内容は医療機関や調剤薬局などの得意先から注文を電話で受けたり、発注や配送の手配をするのが主な業務ですが、人手が足りない時は、商品課の手伝いや配達をする事もあります。医薬品を扱う会社のため、薬の名前を覚えること一つとっても、本当に大変で、入社当時はとても苦労しました。薬の名前や単位を間違えたり、失敗をしてへこむ事も多く、何度泣いたか分かりません。でも不思議と『向いていないのでは?』『辞めたい』と思ったことは一度もないんです。むしろ天職だとさえ感じています。もともと人と話すことが好きなのと、職場の環境が良いことも、続けられた理由でもありますが、何より、お客様からの『ありがとう』『助かりました』などの温かいお言葉が嬉しく、ここまで頑張って来られたと感じています。時には厳しいお言葉もあリますが、電話応対は顔が見えないからこそ、相手との距離感を大事にして、これからもプロ意識を持って精進していきたいです。」   地元五島で生きて行くということ 仕事に対し情熱を持ち、真摯に取り組む亜矢加さんですが、五島にずっと住むことを悩んだ時期もあったと言います。「高校卒業後そのまま地元に就職し、五島から一度も出たことがないと話すとびっくりされる事も多いんです。そのたびに社会勉強のために一度は五島を出た方が自分のためなのかなと悩む事もありました。でももし一度島外に出てしまったら、やると決めたらのめり込んでしまう自分の性格上、五島に帰って来られなくなるのではないかという不安もあったんです。自然豊かで人が温かい五島が大好きで、将来結婚したら五島で子育てがしたいとずっと思っていましたから、葛藤でしたね。」悩みながらも、仕事もプライベートも全力投球で向き合ってきた亜矢加さん。しだいにコミュニティも広がり、地に足が付き置かれた場所で咲こうと心が決まっていきます。「今は週に3~4回は所属しているバドミントンチームのメンバーと汗を流したり、縁あって中学生の指導のサポートもさせていただくなど、地元の交流の輪が広がっています。色んな繋がりが時にはプレッシャーに感じることもありますが逆にそれをプラスにして活かすようにしています。」また一緒に暮らす家族との何気ない時間もかけがえのないものだといいます。「母とは友達みたいな感覚です。一緒にドラマを観たり、買い物に行ったり、料理をしたり。好きなアーティストのライブにも一緒に行きますし、家族旅行は毎年恒例です。」家族や多くの仲間たちに囲まれ、今はここでの暮らしを心から楽しんでいるという亜矢加さん。社会人になって9年、いつの間にかここで生きていくことへの迷いはすっかりなくなったと話してくれました。   恩師の言葉を胸に向上心を持って 今後の目標をお聞きしました。「仕事もプライベートも常に向上心を持ち続けたいですね。高校卒業の時、当時お世話になっていた先生から『現状維持は後退』という言葉をいただきました。正直その時は、なんとなく聞いていた言葉ですが、社会人になってやっとこの意味がわかってきました。今の自分に満足し、これでいいと思っていたら、その先の成長は見られないという、この言葉を胸に、今後も今の自分に満足せず、常にスキルアップを目指し、成長していきたいなと思っています。また年始に立てた今年の目標は『オンとオフのメリハリをつけること』。仕事とプライベートをきちんと分けて、メリハリのある生活をしたいと思っています。仕事は定時退社を心がけて、アフターファイブは自分の時間として大事にしたいです。そうすることが仕事のやる気にも繋がると思っています。あと旅行が好きなので、京都にも行ってみたいですね。5年ほど前、社員旅行でオーストラリアに行ったのですが、また海外旅行にも行きたいなと思っています。」 やりたいことがいっぱいあると話す、バイタリティ溢れるポジティブな印象の亜矢加さんですが、実は意外にも心配性で、ネガティブ思考。悩みは多いと言います。でもそれは言い換えると慎重派で堅実とも言えます。自分の人生の進む方向を、その場その場でしっかり悩み、選び抜いてきたからこそ現実に満足できているのだと感じました。これからの五島を担う頼もしい若者をまた一人見つけました。

五島椿森林公園

福江のシンボルと言われている「鬼岳」の中腹にある「五島椿森林公園」は、2010年に国際優秀椿園に認定されています。約259品種、約2800本の椿が植えられており、園内を散策も可能。様々な椿を観察する事ができますので、冬の椿が咲き誇る時期にはおすすめです。 また園内中央部には、草スキーができる芝生の斜面があり、アクティビティを楽しむ事ができる公園としての一面も持っています。 芝生が整備されていて、休憩所もあるので、ピクニックをするのにも最適。すぐ側には鬼岳があり、海を眺める事もできるので、海と山の両方の景色を一望しながら、これ以上ない贅沢な食事の時間を楽しむ事ができます。 長崎県五島市上崎山町   【取材・執筆】fumoto 【掲載先】五島の島たび

田尾フラット

富江町田尾地区にある「田尾フラット」は、廃校となった田尾小学校の校舎を改装して作られたレストランです。校舎の懐かしさを残しつつも洗練された清潔感のある店内から外を眺めると、視界に入ってくるのは畑、山、という緑一色の大自然。 そんな大自然に囲まれながら、五島の食材を活かした料理を味わうことができるので、五感で五島の自然を楽しむ事ができます。 「田尾フラット」の名前の由来は「フラッと立ち寄って欲しい」という想いが込められています。たくさんの方に気軽に立ち寄っていただき、その場で新しい交流が生まれるのが魅力の一つでもありますので、ぜひお昼の食事時にはフラッと立ち寄ってみてください。 田尾フラット 長崎県五島市富江町田尾1233 0959-86-3545   【取材・執筆】fumoto 【掲載先】五島の島たび