五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

五島ではたらく若者応援 fullyGOTO2018夏号 表紙の顔

fullyGOTO 2018年 夏号

表紙の顔 木村 愛莉さん

今回、表紙を飾ってくれたのは、木村愛莉さん25歳。大学院を卒業後、1年前に五島へ移住してこられました。jasmine事業の傍ら、現在は、大工の見習いとしても建築の現場に入っておられます。表紙のイメージからは想像もつかない、大工仕事もこなす、そのギャップがまた彼女の魅力を引き立てます♪

五島に来られたきっかけを教えてください。

就職です。大学在学中から、卒業後の五島への移住を踏まえ、五島にまちづくりの活動拠点をつくるプロジェクトメンバーになったのがきっかけです。

これから五島でどういう活動をしていきたいですか?

たくさん島中に眠っている空き家の改修を、現場を知っている人間が直接お施主さんと会話をしながらやっていけたらすごくいいなと思っています。そして、つくるものは、絶対にいいものであることにこだわりたいです。現場に軸足を置いた、建築の設計施工って言うのでしょうか・・・。今は、尊敬してやまない奥浦の大工さんの元で修行中です。自身の働き方自体も、開拓していけたら面白いなと思っています。

若者からみて、五島にあったらいいなと思うものはありますか?

何もいらないです。このままであって欲しいです。

 

応援企業

Jasmin様

jasmine様の発端は、九州工業大学の准教授で、一般社団法人リノベーションまちづくりセンター代表の徳田光弘さんが、2年前に五島での講演依頼を受け、初めて五島を訪れた際、五島がもつすばらしいポテンシャルに魅了され、ここで島の人々とともにまちづくりを新しく挑戦してみようと決められたことがきっかけです。

当時、徳田研究室所属で大学院2年生だったあいりさんを、このプロジェクトに誘いました。すると「やったー!就活終わったー!」と持ち前の明るい性格で返事されたそうです(笑)一昨年4月から去年3月までの間に、手始めに、まちづくり拠点をどのように設えるか、あいりさんの修士論文のテーマで企画から設計までを考えました。卒業後、去年4月より実際にあいりさんが移住され、施工・運営を開始。同年7月にはjasmineの2階が一日一組限定の宿としてオープン、今年夏には1階部分がオープンします。(P16参照)オープン特価料金

素泊まり 2名利用【1人当たり6、000円/泊】3~5名利用【1人当たり5、500円/泊】※未就学児:無料 小学生:2、000円

(2018年秋より 料金改定予定) TEL:090‐4581‐9888

あいりさんをプロジェクトに誘われた決め手は何ですか?

つまるところ人柄です。彼女ほど人への心遣いができる、みんなに愛される人はいないと思いました。

fullyGOTO2018夏号掲載

【取材・執筆・掲載】fully編集部

関連する記事

POPULAR TOPICS /人気の記事

1,158ファンいいね

最新記事

記事提供実績