五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

路線バスの旅 後編②

福江港ー二本楠ー幾久山

7時13分、福江港を出発。商店街を通り抜けたら、国道384号線に合流し、変わった名前のバス停「馬責馬場(うませんばば)」の交差点を直進。

まっすぐなゆるい上り坂を進んだら左折。その後五島中央病院を経由して県道27号線に合流し、岐宿町方面へ。「鳴木場(なるこば)」からは自由乗降区間ですが、朝早い路線なので乗客はほとんどおらず、バス停はどんどん通過されて行きます。 猪掛トンネルを抜けたら景色は一変。

民家が点在する山間の道を進み、田んぼに挟まれたとても長い直線道路を走り抜けたら、時刻はだいたい7時45分。乗り換えのため「二本楠(にほんぐす)」バス停で一旦停車し、すぐに玉之浦方面へ向け出発します。


 途中、県道164号線へ路線を変え、折口トンネルを抜けたら「上の平口(かみのひらぐち)」から枝道に入り、田園風景が広がる静かな集落、上の平地区を往復します。

元の県道に戻ると、次に「幾久山(いつくやま)」。

上の平と幾久山は豊富な清流や昼夜の寒暖差に恵まれた良質な米どころで、国内最大の米食味コンテストで金賞も獲得しています。機会があれば食べてみてくださいね。

【取材・執筆】fumoto
【掲載先】五島の島たび

fullyGOTO 特集記事

POPULAR TOPICS /人気の記事