五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

五島ではたらく若者応援 fullyGOTO2022夏号 表紙の顔

fullyGOTO2022夏号 表紙の顔 高木 晶穂さん

今回夏号の表紙を飾ってくれたのは、高木 晶穂(たかき あきほ)さん 19歳。生まれも育ちも上五島。社会人になった今も、大好きな上五島で暮らしています。本当によく笑う彼女は、可愛くて、何よりとても幸せそう。家族大好き、上五島大好き。そんな故郷愛溢れる彼女に色んなお話しをお聞きしました。

なんの迷いもなく地元に残る

 晶穂さんは上五島の有川地区生まれ。4人兄妹の末っ子で、家族の愛を一身に受け、高校まで上五島で学びます。社会人になった今も島を出ることなく、ご両親とすぐ上のお兄さんと実家暮らし。「高校を卒業後、島を出る選択肢は全くありませんでした。」とにこやかに笑う晶穂さん。家族はとても仲がよく、福岡に出ている長男が帰省した際には必ず家族や親せきが集まり大宴会が始まるそう。「とにかく家族が大好きなんです。8つ上の姉がいて、3年前に結婚して実家を出て行ったんです。上五島に住んでいるのでしょっちゅう会えますし、甥っ子もかわいいんですが、いまだに寂しくて・・(笑)」両親や兄弟、地域の方々の愛を、ふんだんに受けながらここ上五島で暮らしていることが、その表情からも伝わります。

交通指導員として

 晶穂さんは現在、上五島にある交通安全協会の、交通指導員として働いています。上五島にある小中学校や保育園に出向き、交通安全教室を開くのが主な仕事。訪問の無い日は、同僚と教室で使う道具や素材作りをしているそう。交通安全について、子供たちに分かりやすく、楽しく学んでもらえるよう、工夫して作成しています。「実は正直、人前で話すのは得意ではなくて、毎回緊張するんですが、同僚に助けられながら、頑張っています。」そう話す彼女の制服姿も見てみたくなりました。

楽しさは自分と大切な人との共有のみ

 趣味は「カフェ巡り」。新しいものや知らないことに興味があり、上五島に新しいカフェやお店がオープンすると、ワクワクしながら出向くそう。「旅行も大好きで、今は遠くへは行けませんが、少し前に福江島にも遊びに行きました。上五島も海はきれいですが、福江島の高浜海水浴場の美しさには感動しました。大瀬崎灯台では、展望所のみでは飽き足らず、灯台のふもとまでの山道を歩きました。」そして子供の頃から常に動物が傍にいる暮らしで、大の動物好きだという晶穂さん。いつかコロナが落ち着いたら、大分のサファリパークや、水族館にも行ってみたいそう。そんな彼女はさぞかし情報発信が得意なのだろうと思いきや、意外にもSNSは一切やっていないとのこと。驚きと同時に堅実さを感じました。

今後の事

 「自分なりに今後の人生の将来設計はしていますが、その中に上五島を出る計画は一ミリもありません(笑)。私は大好きなこの場所で一生暮らしていきたいなと思っています。上五島で好きな場所はたくさんありますが、『龍観山展望台』がオススメです。複雑な形の入江と、真っ白な若松大橋が織りなす景色は上五島を象徴する風景だと思います。将来は、そんな大好きな上五島をPRする、観光関係の仕事もしてみたいなと密かに思っています。」「何もなくても幸せ」彼女にそう思わせてくれる懐の大きい上五島で、いつまでも平和な日々を送って欲しい。そしてそんな風に感じる若者がたくさん増えてくれたら・・と願います。

 

【取材・執筆・掲載】fully編集部
【掲載先】fullyGOTO2022夏号

fullyGOTO 特集記事

POPULAR TOPICS /人気の記事