五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、五島の情報サイト

ホーム 著者 からの投稿 John Doe

Sample author name

0 投稿0 コメント
www.sample-website.com
Sample author description

Sample post title 0

Sample post no 0 excerpt.

Sample post title 1

Sample post no 1 excerpt.

Sample post title 2

Sample post no 2 excerpt.

Sample post title 3

Sample post no 3 excerpt.

Sample post title 4

Sample post no 4 excerpt.

Sample post title 5

Sample post no 5 excerpt.

Sample post title 6

Sample post no 6 excerpt.

Sample post title 7

Sample post no 7 excerpt.

Stay Connected

20,672ファンいいね
2,367フォロワーフォロー
16,500購読者購読
- Advertisement -

Latest Articles

わくわく乗船券・宇久町・竹細工づくり体験

自然豊かな宇久島には、もちろん竹林だって自生しています。この竹を使用した竹細工の工芸品を作っている人もちらほら。お土産品としても非常に喜ばれているんですよ。そんな竹細工を、なんと楽しく手作りして楽しめるのがこちらの体験です。  海が見える坂道を車で移動して、辿り着いたのは竹細工工房『花音(かのん)』。手作りの小屋には堂々とした手書きの看板がかかっています。  基本的に作業は工房内で行ないますが、人数が多い場合は公民館の一室も借りられますのでご相談ください。作れるものは、現時点では2種類。  まずは上級者向けのバランストンボ。指先に乗せればかわいらしいとんぼがゆらゆらと羽根を揺らします。部屋に飾るもよし、手に取って眺めるもよしの、お土産にぴったりな一品です。そして初心者向けの竹箸。竹で作った箸はすらりとしなやかで、軽く手になじみます。  自分手作りの箸で食事をとれば、いつものご飯もちょっと特別なものになりますよね。刃物を使って竹を削るのが不安?うまく出来るか分からない?ご安心ください、竹細工職人のお父さんがしっかりと手元を確認しながら作業をすすめてくれます。作業しやすくするため竹をあらかじめ乾燥させていたり、刃物の取り扱いに関する注意を細やかに行なったりとフォローもばっちりです。集中していると体験が終わるのはあっという間。世界に一つだけの竹細工を持って帰ってください。  竹は湿気に弱いので持ち帰ったあとは保存状態に気を付けてくださいね! ■開催期間:通年 ■定休日:お盆8月10日~18日、年末年始12月28日~1月5日 ■所要時間:約90分 ■集合場所:宇久町観光協会(宇久平港ターミナル内)  ■催行人数:2名~ ■申込期限:体験希望日より7日前 ■料金:大人(中学生以上)2,500円/小人(小学生)2,500円/幼児以下  不可 ■注意事項:料金内に体験保険が含まれます。ご宿泊は体験民泊をご利用頂きます。■主催・お申込み先:(一社)宇久町観光協会 ℡0959-57-3935

わくわく乗船券・宇久町・うくちゃり

宇久島は、五島列島最北端に浮かぶ小さな島です。人口2000人にも満たない島には、鮮やかな自然や歴史的な建築物がいっぱい。すべてを観光するには、とてもじゃないですが1日では足りません。ましてや徒歩で島内1周しようとなると成人男性でも丸1日かかってしまいます。  長崎の佐世保や福岡から出港するフェリーに車を載せることもできますが、高速船には車積載が不可。徒歩は疲れる、レンタカーを借りるほどでもない。そんな時に活躍するのが『うくちゃり』こと電動レンタサイクルです。  レンタル方法はとっても簡単。宇久平港へついてすぐ隣のターミナル内、宇久町観光協会で受付表に記入するだけ。あらかじめ電話受付も可能ですよ。料金はお手頃価格の1時間300円からで、ヘルメットや鍵もついてきます。  自転車の種類はお子様用、ママチャリタイプ、マウンテンバイクタイプの3種類。  もちろん全部電動アシスト付きで、荷物をいれるかごも付いているのでご安心ください!  受付を済ませ観光協会職員から交通安全の説明を受けたあとは、いざサイクリングへ。爽やかな日差しの下、古き良き漁師町を横目にゆっくりぺダルを漕ぎだせば、おおらかな潮風が皆さんを迎え入れます。  ひと漕ぎひと漕ぎごとに島の景色が後ろへ流れていくのを見ていると、まるで自分も島風の一部になったような心地よさを感じます。宇久島を国道沿いにぐるりと1周した走行距離は約25㎞です。  なんとこれはツーリングに最適な長さと言われているんですよ。島内の移動はもちろん、サイクリング自体を楽しむのにも最適な宇久島。体力に自信のない方も、ひとりでも、みんなでも、ゆったりと楽しみに来てくださいね。 ■開催期間:通年 ■定休日:お盆8月10日~18日、年末年始12月28日~1月5日 ■所要時間:約1時間~ ■営業時間:8:30~17:30 ■集合場所:宇久町観光協会(宇久平港ターミナル内) ■申込期限:当日でも対応可 ■料金:300円~ ■備考:その他の時間プランもございます。詳しくはご相談ください。 ■主催・お申込み先: (一社)宇久町観光協会 ℡0959-57-3935

わくわく乗船券・小値賀町・初めての魚釣り体験

五島列島といえば、言わずと知れた釣りの名所!  全国各地の釣り好きの方々が集まります。そんな場所だからこそ、海に囲まれた島で暮らす人々にとって、魚釣りは日常。  どの季節も、朝夕の波止場は釣りを楽しむ島民で賑わいます。そんな釣り好きの島人から直接魚釣りを教わることができるんです!  小値賀島の笛吹港に到着したら、まずはおぢかアイランドツーリズムカウンターへ向かい、受付を済ませます。 準備品は特にありませんが、釣り餌で汚れるかもしれないので、汚れても良い服装がおすすめです。また、夕方の時間に外で1時間半ほど過ごすため、暖かい時期でもウインドブレーカーなど、外に羽織れる薄手のものがあってもいいかもしれません。この体験では、長崎県ではおなじみのお魚、アジなどの小魚釣りを楽しみます。サビキという一番気軽に行える道具を使用し、島人インストラクターが丁寧に釣り方から魚の外し方など教えてくれるので、初めての方でも安心です。 釣れた魚を持ち帰りたい方は、下処理の仕方や、料理のアドバイスまで教えてもらえるかも!  海の音、潮の香り、鳥の鳴き声、小値賀の自然を肌に感じながら、島人と話をして過ごす夕暮れの時間は、ここでなければ味わえない、毎回違う唯一の体験になるはずです。お子様連れのファミリー・ご夫婦・お友達同士などにも好評の釣り体験、ぜひお楽しみください! ■最小催行人数:2名様 ■お一人様料金:2,500円(税抜)/道具・えさ代込 ■場所:小値賀笛吹港ターミナル周辺 ■集合:ターミナル内、当ツーリズムカウンター ■対象:小学生以上 応相談 ■所要時間:約1.5時間(17:00~18:30頃)※季節や潮の状況で時間帯は変動することもあります。応相談 ■お申込み先:おぢかアイランドツーリズム協会  ℡0959-56-2646 ※ご予約後のキャンセルに関しましてはおぢかアイランドツーリズムWEBサイト内のキャンセルポリシーをご確認ください。

わくわく乗船券・小値賀町・ネイチャーカヌー

小値賀島に来たらやっぱり海は外せません。島なので、ドライブしても、サイクリングしても、美しい海の景色を堪能することができます。  ただ、今回はもう一歩、小値賀の海を楽しめる体験をご紹介!カヌーに乗って、小値賀の美しい海を満喫しませんか?濡れて良い、肌を露出しない化繊素材の長袖長ズボンで、小値賀島の笛吹港、おぢかアイランドツーリズムカウンターへ。 まずは受付を済ませます。服装は、安全のため、半袖半ズボン、綿素材の洋服やジーンズの服装は不可となっているので、お手洗い等で持参いただいた服にお着替えください。受付が完了したら、海へ移動。まずはインストラクターのレッスンを受けます。この時間に基本をしっかりと教えてくれますし、安定性に優れた初心者向けのカヌー(レクレーションカヤック)を使用しますので、初めての方も安心してお楽しみいただけます。 レッスンが終わったら、いよいよ海へ!透明度の高い白砂の海に漕ぎだして、海の中を眺めると、透明の水の中に小魚を眺めることもできます。  鳥の声、風を感じながらスーっと海を進む感覚と共にのんびり過ごすカヌー体験。    自然を感じ楽しみながら、小値賀の歴史、暮らし、生物、環境の変化を学べる海上散歩、ぜひご体験ください! ■最小催行人数:2名 ■お一人料金:4,000円(税抜) ■催行スケジュール:午前:9時半~12時、午後:15時~17時半<7月・8月の催行は午後のみとなります> ■所要時間:約2時間半(準備運動、着替え等含む) ■体力レベル:★~★★ ■参加可能年齢:小学生以上 ■服装:濡れてもよい、肌を露出しない服装をご準備ください。・化繊素材の長袖Tシャツ、長ズボン・靴はマリンシューズや、かかとが固定できるサンダル、濡れてもよい運動靴 ■NG:綿素材とジーンズ、半袖半ズボン、ビーチサンダル、裸足は不可です。 ■持ち物:水、タオル、着替え、日よけ対策に帽子と日焼け止めをお持ちください。春先や秋口は風よけの防寒着(ウィンドブレーカー等)があると便利です。■注意事項: 日差しがきつく、短時間の活動でも「日射病」や「熱中症」の危険性が高まります。こまめな水分補給と日よけ対策を心がけてください。 悪天候や風が強い場合は中止となることがあります。■お申込み先:おぢかアイランドツーリズム協会  ℡0959-56-2646 ※ご予約後のキャンセルに関しましてはおぢかアイランドツーリズムWEBサイト内のキャンセルポリシーをご確認ください。  

わくわく乗船券・新上五島町・椿箸づくり体験

五島列島には天然ヤブ椿が1000万本自生していると言われています。 東の伊豆大島、西の五島列島と言われるほど日本を二分する椿の自生地であります。  平成25年12月に「新上五島町椿木工技術振興会」が立ち上がり、木工技術の習得、研鑽が始まりました。数ある体験メニューの中で椿に特化したものが出来ないかと、こちらの椿箸づくり体験がスタートしたそうです。 【メニュー】  椿木工としての作品は会員のそれぞれ得意な作品により、器、コップ、スプーン、フォーク、アクセサリー等多種多様です。  体験時間が2時間程度の中で上手く仕上げるには、お手軽なメニューで、毎日使うであろう「箸」がいいのではと考え、五島列島来島の記念になるようにと地元産天然ヤブ椿材を原料に、削りから磨き、ネーム記入をして頂く事にしました。 【工程】 箸の制作には伐採後2~3か月倉庫で乾燥させた丸太材を棒状の角材に製材し、さらに2~3か月乾燥させます。 ②乾燥後ソリを修正するためカンナで削り直棒角材に仕立てます。 更に直棒角材をカンナで修正しながら先を細く手元を太く削り、箸の原型棒状に仕上げます。 ④原型棒状の材を機械サンダーで削り出し、表面研磨と角とりをして箸の形が整います。 ⑤その後手磨きサンドペーパーで仕上げ、ホットペンで名前やイラストを書き入れます。 ⑥塗装作業で、木固め、目地止め、中塗り(2~3回)、仕上げ塗り1回で4~5日乾燥させて完成です。 メニューとして③~⑤の工程を2時間かけて体験してもらいます。 天候に左右される事無く体験できるメニューとなっていますので、天気予報が少し怪しい時でも安心してお申し込みいただけます。  工房の広さと指導者の目の届く範囲で、一度に1~3名を目安にお申し込みいただいております。お客様が帰られた後の塗装はこちらで仕上げるのですが、早くて1週間、遅い時は2~3週間かかるので約1か月をめどに商品を送り届けています。  体験した後、自宅に届く自作の箸は、五島列島の思い出がよみがえり、楽しい旅行の1コマが浮かび上がる事でしょう。 ■場所:新上五島町つばき木工房  新上五島町榎津郷491 ■料金:4,200円(中学生以上)/2,200円(小学生)※要保護者同伴/幼児以下は受付不可 ■時間:約2時間 ■予約:実施日の3日前まで ■受付人数:1名~3名 ■連絡先:(一社)新上五島町観光物産協会(8:30~17:00) ℡0959-42-0964/0959-42-5005 【注意事項】粉塵が出ますので汚れても良い服装でご参加ください。