五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

第19回 五島で輝いている人

漫画家

睦原 みらいさん

移住して約半年となる睦原みらいさん。約1年前、五島市にて行われたお見合い番組、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。そう、彼女は「ナイナイのお見合い大作戦!(TBS)」で今の旦那様と出会い、関東から五島に移住されたお一人なのです。そして彼女のお仕事は漫画家。関東であわただしい生活を送っていた彼女の、1年前までの生活と、五島でのこれからのお話を伺いました。

五島との縁

「五島へ来たのは、番組企画で訪れたのが初でした。でも、アシスタント先の先生が三井楽水産さんの鬼鯖寿司ファンだったり、従兄弟が仕事で五島に縁があったり、それまでに何かと「五島」という文字を耳にする機会があって。行ってみたいなと思っていました。」

そんな中で見つけた番組のwebサイトで、五島市の美しい景色を見て応募。選考を通過し、ついに五島へ訪れることに。

「番組企画だったので海などには全然行けなくて…でも頂いたお食事がどれもとても美味しくて、感激しました。主人とは、1日目の立食形式の自由歓談の時、たまたま同じタイミングで飲み物を飲みにテーブルに来ていて話が弾みました。お宅訪問も伺わせてもらって、会社の方など地元の人ともお話できて、いいご縁をもらえたなと思っています。」

場所を選ばずできる仕事

「島根出身で、転勤もあったりしたので、生粋の関東人でもないんです。なので、移住に対しては抵抗もなくて。漫画家のお仕事も、今はインターネットがあればどこでもできるので、関東でなくてもいいなと思っていました。」

漫画といえば、紙にペンで描いて、色をつけたりシートを貼ったり……そんなイメージを持っていましたが、ネット漫画というものも出ている時代。漫画の世界も色々なものがあるようです。

「まずは手書きをして、それをスキャンしてコンピューターに取り込んで、仕上げをしています。昔はアシスタント先で徹夜作業して、新幹線便で提出したりもありました。原稿も、とにかくいろんな出版社に持ち込んだり郵送したり。同じ原稿を別の会社に送るのはよくない、というような暗黙のルールみたいなものもあったりして、とにかく書いて書いて応募して。出だしの頃はそういう時代でしたが、今は漫画界も変わってきていると思います。」

漫画家を目指すきっかけ

「昔からお話を作るのが好きでした。中学二年生くらいの頃に、お話を作って、絵を描いてという事を始めて、進学を機に専門学校に行きました。でもその後の下積みはかなり長かったので、今こうやって仕事をいただけているのも運が良かったなぁと思います。」

一点突破漫画賞で獲得した、

優秀賞でコミックゼノンデビュー

「WEBコミックぜにょんというサイトの新人賞にネット投稿しました。

ここで優秀賞をいただくことができ、コミックゼノンの新人枠に掲載されました。

今は担当さんもついて仕事をしています。

基本的にSF系の話が好きなので、これからもSF作品を書けたらと思っています。」

取材時は次のお仕事の制作真っ最中。

順調にいけば6月にWEBコミックぜにょんに登場予定とのこと。どんなお話か楽しみです。

いつか五島の事も

「漫画家として、これからいろんな作品を作っていきたいです。せっかくこの地に移り住んで来たので、落ち着いてきたら五島のことも作品作りで取り入れていければいいなとも思っています。」

漫画やアニメは今や日本が誇る文化。

五島の地で描かれた作品が、世界中の人々に届くのだと考えると、とても楽しみです。

▲最後に似顔絵を描いてくださいました。

デジタル化しつつも、私は紙に描くのが好きだと語る睦原さん。

墨の香りと万年筆が紙を走る音は、見ているこちらもとても心地よく、柔らかな表情で書きあげる睦原さんの様子も印象的でした。

文:藤田 佳子  フォト:橋本 賢太

fullyGOTO2019夏号掲載

【取材・執筆・掲載】fully編集部

関連する記事

POPULAR TOPICS /人気の記事

1,158ファンいいね

最新記事

記事提供実績