五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

樫ノ浦アコウ

浦頭教会堂の正面入口の門を出たら右折し、山あいの道を5分ほど進むと、樫ノ浦漁港に到着。
静かな港のさらに奥まで進むと「あこう木前」というバス停があります。

そのすぐ先を民家側に入ると、目の前に出現する大きな木!

昭和27年、県の天然記念物に指定された五島を代表する巨木「樫ノ浦アコウ」です。
アコウはクワ科・半常緑高木の巨木で、垂れ下がる気根が特徴。

この木の樹齢は不明だそうですが、黒潮の流れに乗って種子が運ばれこの地に根付いたと言われています。


根周りは15mを超え,高さは10m以上。特別太い幹はないですが、細い幹や枝、気根が四方八方に10数mも伸び、ボリュームと野性味が迫力満点。

この樫ノ浦地区の守り神なのか、根元の石垣には祠があり、お供え物もしてあります。神秘的な雰囲気と、おどろおどろしい姿が印象的なアコウの木、ぜひ見に行って下さい。

住所:〒853-0051  長崎県五島市平蔵町1568-2
アクセス:福江港から車、バスで20分

 

 

【取材・執筆】fumoto
【掲載先】五島の島たび

関連する記事

POPULAR TOPICS /人気の記事

1,158ファンいいね

最新記事

記事提供実績