五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

わくわく乗船券・新上五島町・お食事&うどん工場見学!

五島うどんといえば、ココ!ますだ製麺さんで、うどん工場の見学&体験をしてきました!

今や五島内では多くの家庭でも食べられており、観光客の方へも知られてきている五島うどんですが、みなさんは五島うどんの製造工程をどれくらいご存知でしょうか?

工場へお邪魔して最初に目に入ったのは、作業員さんはもちろん、製麺の機械も忙しそうにフル稼動している光景でした。私が訪れた日は生うどんの製造日だったのですが、製造工程の始まりであるミキシング(うどんのねりあげ)を行なった時刻が午前3時15分だというから驚きです。

もちろんその時間に工場へ来ることは難しいかと思いますが、見学に来る予定を立てるなら午前中(9時頃)がオススメ。早朝から作業を始めることがほとんどのため、より多くの工程を見学することができます。手作業だけでなく道具や機械を駆使し、手慣れた様子で製造を進める作業員さんたちを見学しながら、製造のポイントやこだわりを工場長さんが説明してくださいました。

うどんといっても色々な種類がありますが、五島うどんならではの作業として、椿油を麺に塗る、という作業がありました。椿油も五島の特産品。美容にも健康にも良いとされていますが、五島うどんでは風味付けや麺同士が付着しないように椿油を塗り、製造しているそうです。

今回は製造の体験とし、麺棒にかけたうどんを伸ばす作業(こびき)をさせていただきました。二人で棒の端を持って、グイッと麺を伸ばしてみたのですが、麺のコシがすごい!茹でてからも伸びにくいのが特徴である五島うどんならではのコシ。普通だったら食べることでしか感じられないところでしょうが、それを自らの手で実感することができました。一度体験をしてから五島うどんを味わうのもまた違った感動があると思いますので、ぜひチャレンジをしてみてください!他にも麺の乾燥、切断、選別、袋詰めといった作業を見学させていただき、本当に「こうやって五島うどんが出来上がっていくんだな」という理解が深まりました。気になったことや質問に対しては工場長さんが全て丁寧に説明してくれますので、短い時間で五島うどんの知識をぎゅっと頭に入れることができましたし、何よりも五島うどんへの情熱がすごく伝わってきました。ますだ製麺で製造された五島うどん、美味しいに決まってます!さて、工場を見学した後は、直営店の「竹酔亭」でお食事ができます。メニューは五島うどん定番の地獄炊き!お味はもちろん・・・(笑)。

みなさんの舌でお確かめいただければと思います。

■場所:株式会社ますだ製麺新上五島町七目郷449番地1 ■料金:工場見学+お食事2,000円 工場見学とお土産1,500円

■時間:工場見学30分程度とお食事時間 ■予約:3日前まで ■受付人数:1人~10名程度

■連絡先:株式会社ますだ製麺(9:00~17:00)℡0959-42-0821

体験取材ライター:後濱 啓太

fullyGOTO2020春号掲載

【取材・執筆・掲載】fully編集部

長崎しま旅わくわく乗船券

関連する記事

POPULAR TOPICS /人気の記事

1,158ファンいいね

最新記事

記事提供実績