五島列島を満喫するフリーマガジン「fullyGOTO」と地元在住のライターチーム「fumoto」が取材した記事を発信する、情報サイト

わくわく乗船券・五島市・レザークラフト・鹿革ストラップ作り体験

近年、全国的に問題視されている野生鳥獣による農作物被害。ここ五島市においても、イノシシやシカなどによる石垣の崩落や農作物被害が深刻化しています。

現在、五島市では、年間数百から千匹以上捕獲されているイノシシやシカを有効活
用しようと、ジビエ料理の試食会やレザークラフト教室などが行われています。今回そんな活動の一つ「鹿革ストラップ作り」を体験してきました。
体験場所は福江武家屋敷通りふるさと館。市指定史跡「福江武家屋敷跡」に建設されていて、趣があり厳粛な気持ちになる空間です。

まず初めに、五島の鹿についてのミニ知識を教えていただきました。かつて五島のニホンジカはシーボルトによって欧州に持ち出され、新種と判断された歴史があるそうで、以後、世界で認められているニホンジカの標本は五島出身のものなのだそう。使用する鹿革の巻物を触らせていただき、その柔らかい感触を味わったら、
使う道具や、工程の説明を受け、作業スタート。想像していたものと違うオレンジ色にちょっと驚きましたが、染色ができるのでいろんな色があるようです。

ストラップ用にカットされた鹿革をお手本の通りに折り曲げたら、千枚通しで印をつけます。基本の形はありますが、中にはリボンの形など独創的なデザインに仕上げる方もいるのだとか。

私は、基本の形にしました。次に専用の穴あけ具を押し込んで穴を開けます。ここからの行程がこの体験のクライマックス!電気ペンで文字やイラストを書いていくのですが、個人のセンスが試される瞬間です。随分悩んだ挙句、ローマ字の筆記体で自分の名前を書く事に。練習用の鹿革で何度も試し書きをさせてもらい、いよいよ本番。何とか間違わずに書けました。

革でリングを挟み込み、金具(カシメ)をのせ、金槌でしっかり叩いて取り付けます。最後にストラップパーツを取り付けたら完成です。
シンプルで高級感のある仕上がりに大満足。私は1時間ほど掛かりましたが、何を書くか悩まなければ30分程度で仕上げることができます。
気軽に体験できるうえ、屋内なので雨の日でもOK。何より五島産の鹿革なので、記念にもなり、お土産としてもおすすめですよ。

■集合場所:五島市武家屋敷2 丁目1 番20 号 福江武家屋敷通りふるさと館 ■営業時間:8:30 ~ 17:00 ■定休日:毎週月曜日・
12/29 ~ 1/3 ■体験料金: 大人/ 1,500 円、小人/ 1,500 円 ※大人・小人同一料金 ■所要時間:30 分~ 60 分■催行人数:1人~
■受付期間:通年 ■申込期間:随時受付 ■主催・お申し込み先:五島市観光協会 ℡ 0959-72-2963

体験取材ライター:泉井 美由紀

長崎しま旅わくわく乗船券

【掲載先】fullyGOTO2020冬号

関連する記事

POPULAR TOPICS /人気の記事

1,158ファンいいね

最新記事

記事提供実績